ケニアランナーの食事

ケニアランナーの食事

「けにあ!」彼らはなぜ速いのか 中鉢信一著
まだ読み始めたばかりですが、彼らは水分摂取が少ないのではないか?という博士の調査に食事内容が出ていたので自分にメモしておきます(図書館で借りたから)。糖質制限に取り組もうとしているランナーの願望としては、豆類と肉かなと考えていましたが想像以上に糖質まみれで食事からは脂肪をエネルギーの中心としているとは考えにくいです。読み進めていったらまた情報があるかもしれないので楽しみに読書します。

2003年12月7日間の調査
朝練10キロ~15キロを1キロ3分30秒から3分を切るペース
夕方錬8キロ前後4分から6分のジョグ
1日平均消費カロリー3605キロカロリー

朝食、午前のおやつ、昼食、午後のおやつ、夕食
パン、ご飯、ジャガイモ、ポリッジ、豆類、牛肉、トウモロコシ粉を練ったウガリ、たくさんのむミルクティー。食べる量は選手任せサプリメントは全くなし。
野菜86%・炭水化物76.5%・脂肪13.4%・タンパク質10.1%
摂取エネルギーは2987キロカロリー

ケニア代表を選ぶクロスカントリーレースの一週間前だからなのかネガティブ・エネジーバランスで体重も体脂肪も調査期間中に減少。レース前だから糖質が多いのかは不明だけど甘そうなミルクティーがぶがぶ飲んでいるようだし糖質制限とは程遠い。

2004年6月14日間の調査
今度はアテネ五輪前、世界選手権やジュニア世界選手権を制した経験者も含む平均21歳の若者が対象。五輪よりまだ間があるのでカーボというわけではないだろう。

今回は尿の検査や、GPS・心肺計なども使い念を入れた調査。
食事の時間は前回同様に規則正しいもの。ウガリが主食、チャパティ、パン、米、イモ類、豆類、副食はほとんど野菜、飲み物はすべてミルクティー。練習前も練習中も水は飲まない
炭水化物67%・タンパク質15%・脂肪17% 炭水化物中心
摂取カロリーは3163キロカロリー、消費カロリーは3490キロカロリーまたしてもネガティブ・エナジーバランス。また調査期間中体重も体脂肪も減少。



糖質制限とは関係ないけど引用
「いや、私は水を飲まない方がいいとはいってません。のどが渇いたら水を飲めばいいのです。ただし、できるだけたくさん飲む必要はありません。私が注目しているのは効率です。体重の3%から4%の水分が失われた軽い脱水状態になるとランニングの効率は上がるようです。レースが進んで汗をかくと、さらに効率てきな走りができます」

危ないから無理禁ですよ。
[PR]
by c-dunk | 2014-04-09 10:50 | 糖質制限 | Comments(0)

走る迷走柔整師  ココロと身体はセット 設楽義勝


by c-dunk