暇つぶしのスマホが。「キラーストレス」

NHKスペシャル取材班(著) NHK出版新書

最近この言葉「マインドワンダリング」というのをよく目にする。これ何かと言ったらぼーっとしている状態で、目の前の現実についてではなく、過去や未来についてあれこれ考えを巡らせてしまう状態のことをいうのだけれども、こうしてブログを書いているのに腹減った、晩飯はなにかな?とか普通に考えますよね、それです。

だいたい1日のうちで47%はそういう状態にあることが大規模な調査で確認にされているようです。問題はこの状態がストレスを悪化させてしまうという恐ろしい話し。

なんでこんな状態になってしまうのか、ロックフェラー大学のブルース・マキューアン教授によれば、

「人間が過去や未来のことをあれこれ考えてしまうのは、将来の計画を立てるためです。しかし、そうしている間ストレス反応がずっと続いているのです。どんどん脳をむしばみ、心の状態を悪くしています」61‐62頁

ぼーっとしているけど脳は働き続けているということで、暇つぶしのスマホも次から次に思考を回転させてしまうので、無意識のうちに膨大で継続的なストレスにさらせれて生きているということになる。

あるとき元々あったストレスにこれが過剰になったなら、脳は”物理的”に破壊される。


さらに、都市に暮らしているだけで、町、村にくらべて、同じストレスをかけたにもかかわらず、都市住民は扁桃体が最も早く反応して過敏になっているらしい。

要するに音や色、人込みなど刺激の多い所で暮らしていると扁桃体が過敏になり、ちょっとした刺激でもストレス反応が拡大してしまう。

さっき登場したマキューアン教授がこう締めくくる。

「現代社会は扁桃体を常に刺激することによって、ストレスに弱い脳を作り出しているといえるのです」

さて、ではどうする。これでは腰痛や肩こりが増えるはずだよね。

a0064004_19570392.png
痛みが起こるのには、心と身体の両方が関わっています。
慢性痛に関する学説や治療法は数多くありますが、
どの説も、慢性痛の症状があるなら、身体だけではなく、
心にもその原因があるという大原則は一致しています。

湘南深沢ニコニコ整骨院 鎌倉市常盤60-3
0467-43-2556
または
y.shidara87@gmail.com

私がランナーズハイになったときに出てくる感情は
「感謝したくなる気持ちです」
高橋尚子

[PR]
by c-dunk | 2017-02-01 19:59 | ストレス | Comments(0)

走る迷走柔整師  身体と心だ湘南深沢ニコニコ整骨院 設楽義勝


by c-dunk