自己肯定感の強化「マインドフルネスの教科書 この1冊ですべてがわかる!」

藤井英雄(著)  Clover出版

自己肯定感の弱い人は、ネガティブな自動思考に陥りやすくネガティブスパイラルから抜け出せなくなっている。そこででまず、マインドフルネスによって「今ここ」でネガティブ思考をしていまった自分に気づき、それを手放すことで自己肯定感を強化する。

人を愛し、慈しみ、感謝し、そして許すことができれば、自己肯定感を強化することができる。
まずマインドフルになるのです
するとネガティブ思考から距離を置くことができるので、自分を愛し、人を愛し、慈しみ、感謝し、そして許すことが可能になります。246頁

極端な話、藤井先生は、
ある意味、自己肯定感が強ければ、マインドフルでなく自動操縦モードであっても、幸せになれる可能性があると言っても良いくらいです。193頁
とまで言い切ってます。
それだと、本来のマインドフルネスとはちと違うきもしますが、たくさんのワークが出てくるのでこちらも実践してナンボです。
a0064004_18024431.png

痛みが起こるのには、心と身体の両方が関わっています。
慢性痛に関する学説や治療法は数多くありますが、
どの説も、慢性痛の症状があるなら、身体だけではなく、
心にもその原因があるという大原則は一致しています。

湘南深沢ニコニコ整骨院 鎌倉市常盤60-3
0467-43-2556
または
通勤ラン5.1km 6:42/km継続中だが進歩なし。

失敗を恐れる人は、課題の解決そのものに関心があるというよりは、
課題を取り巻く対人関係に関心があるのです。
高校生のためのアドラー心理学入門

[PR]
by c-dunk | 2017-02-20 18:04 | 呼吸法・瞑想 | Comments(0)

走る迷走柔整師  身体と心だ湘南深沢ニコニコ整骨院 設楽義勝


by c-dunk