短縮痛

1収縮痛 当該筋を自動的に収縮することによって出現する痛み。
a0064004_13295634.jpg
2短縮痛 当該筋の起始と停止を他動的に近づけることによって出現する痛み。この他動的な力には、重力、拮抗筋、遠心力、および他者の力がある。

収縮痛も短縮痛もその中身は収縮痛であり、収縮痛は随意的に収縮痛を起こしているのに対し、短縮痛では他動的に起始と停止を近づけているにもかかわらず不随意的な筋収縮が出現してくる点で異なる。

となっていますが、例えばこの中殿筋を伸長しているほうが楽な姿勢から、まっすぐに座ろうとしたときに中殿筋が収縮すれば痛みがでるわけですが、まっすぐに座っているだけ中殿筋が短縮しているだけで出現する痛みのことを短縮痛だと。要するに短縮位に保持されている状態が一番痛いのが短縮痛か?最大の違いは、短縮痛は伸張性収縮を含んでないってとこでしょうか?まとまってないですが気持ちは伝わってほしいです。
[PR]
by c-dunk | 2005-11-26 22:05 | Comments(0)

走る迷走柔整師  ココロと身体はセット 設楽義勝


by c-dunk