カテゴリ:ランニング( 95 )

走れというから昼休み30分ジョグ。「走れ!T校バスケット部<3>」

30分ジョグからの速効読了。
相変わらずオヤジには展開が速いね、次の代バスケ部にはいかないのね。
まあ青春だからとやかくいわないよ、
いいだやそれでも。
リアルでは応援している深沢高校のセンター君の捻挫は今週は全開で行けそうだ。
県大会行こうぜ!

松崎洋(著) 幻冬舎文庫
a0064004_15095944.png

[PR]
by c-dunk | 2016-11-23 15:12 | ランニング | Comments(0)
好スタート!「一瞬の風になれ①

自分としてはいいスタートだった、走る姿を細かい感覚まで描いてくれるが好みかも知れない。
彼女問題はそれでよいね(笑)

さらに、

神奈川県の北相あたりの県立高校の陸上部というのがまたよろしいね!

佐藤多佳子(著) 講談社文庫
a0064004_19202002.png

[PR]
by c-dunk | 2016-10-17 21:03 | ランニング | Comments(0)
これ読んでなかったね。
出雲、箱根予選、いよいよシーズンだ!

佐藤多佳子(著) 講談社文庫
a0064004_19202002.png

[PR]
by c-dunk | 2016-10-15 19:21 | ランニング | Comments(0)
飲んじゃうの?そんなのありか!「ケトンドリンク」

飲めばいいならのむよ。
糖質制限をしなくても、これを飲めば脂肪をエネルギーにする身体に変わるの?
ありなの?これいいじゃん。

競技サイクリストの代謝を変えパーフォーマンスをアップするケトンドリンク
ケトン自体が炭水化物の解糖代謝を抑制するので、同じ運動をおこなった賭してもグリコーゲン量は保存され、グリコーゲンが代謝されないために乳酸の生成も抑制される。この様な関係性はこれまで確認されていなかったのだ。これをスポーツの現場で解釈すれば、スプリント以外の競技で例えば5000m走や1万メートル走を行う際に、簡単に疲労困憊には至らなくなるということである。それだけでなく、乳酸によって運動後に筋痛が起こることも抑制されるのだ。

軍用というのがなんとも。ロシアとドーピングと同じような気もするが。

[PR]
by c-dunk | 2016-09-28 22:03 | ランニング | Comments(0)
パーンとかドンの着地の体感。足の裏以外のどこで感じた?そういう体感を地道にに「記述」していくのがまずは入口。あっちこっち身体中の体感を記述してみる。

こうやってみようってあるでしょ。その時の体感もまた記述する。これどんどんやって行くと、最初はだんだん細かくなるんだけど、ああじゃね、こうじゃねとやっていくと、これじゃねが増えてきて、「あっ」これだけじゃん。に収束してくると。

そう言葉が減ってくる!迷っていたら走れないよね当然。

この過程をちゃんと言葉にしないで、ただ繰り返しの練習だけだと「こつ」も掴めないし「スランプ」から抜け出すのに時間がかかるのでではないか。それがこの本

たぶん、イチロー選手や北島康介選手やスケートの清水選手、為末選手とか伊達さんとかみんな、そこが分かっているから、レベルアップのためにゼロからでも再構築出来るのだと思うけどどうだろう。

ひとつ関係ないけど面白いとこは、野球の外野手が落下手に入る、ましては目を切って背走してふっと振返って捕球できるというのは、この理論では解決できないらしい。

ん~なんだか分からんよね(笑)
長嶋監督あいてに松井選手もそれを身体知にしたんだから凄いよな。

身体知の認知科学
諏訪正樹(著) 講談社選書メチエ
a0064004_20375201.png

[PR]
by c-dunk | 2016-09-24 16:41 | ランニング | Comments(0)
この本「トップ・アスリートだけが知っている「正しい」体のつくり方」を読んで、自分の身体の動き、体感を詳細に言葉にできるほどその選手のレベルが高いようなことが書いてあった。これとっても納得できてなるべく言葉にしようとここにもには書いたかな。

そこを本書は認知科学としての、本格的な「身体知」について書かれているわけだけで「体感」を言葉ににしてく、「感じ」を言葉にしていくこと。それがレベルアップにつながるという学術的な本だ。

そういう研究が本当にあるんだね。
科学的にに動作を分析しても自分で処理?変化は起こせないよね。

心というか「体感」「感じ」をお言葉にすることから始まる。
そういうのに集中するのはマインドフルであっりするような気もするよな。
まだ、読書中ですが興味深い1冊。

そうすっと、小説なりいろいろな本を読んだほうが「体感」を表現する自分の言葉も豊富になるよね。
そんなところで、身体に変化を起こせるんだし読書はやっぱり必要だ。

センスない自分はそこからだが、もちろん情報を得るのはいいんのだけどそれを自分の言葉に変えろと本書にもある。

「こつ」と「スランプ」の研究
身体知の認知科学
諏訪正樹(著) 講談社選書メチエ
a0064004_20375201.png

[PR]
by c-dunk | 2016-09-22 18:03 | ランニング | Comments(0)
走っている姿が好きだ。駅伝ランナー2
佐藤いつ子(著) 角川文庫

部活物語もよいよ。オッサンには若すぎるんだけど……
でも、走る感じ、姿?なんだろう。
感じとしかいいようがないだけど、それがたまらん。

はっとするような均整のとれた走り。
それを、追う、熱のかたまりのような胸をこがす走り。
ーどちらも限りなく美しい。

さあ、駅伝だ。

佐藤いつ子(著) 角川文庫
a0064004_23125878.png



[PR]
by c-dunk | 2016-09-15 23:15 | ランニング | Comments(0)

ピリッとせんのー。

ピリッとせんのー。

月曜 台風でも帰りはちゃんと5kmウォーク
火曜 ついに10kmジョグ5:43/km
水曜 5kmBU走これはマジだった
木曜 そろそろキツイので6.2km 6.12/km

ここまでは復活に向けていいかんじゃねぇか。

金曜 あっさりと5.1km 7:23/km

どうにも気合いが感じられない状態が続いてんだよな。
走ること自体は楽しいのにね。

痛みが起こるのには、心と身体の両方が関わっています。
慢性痛に関する学説や治療法は数多くありますが、
どの説も、慢性痛の症状があるなら、身体だけではなく、
心にもその原因があるという大原則は一致しています。

湘南深沢ニコニコ整骨院 鎌倉市常盤60-3
0467-43-2556
または
y.shidara87@gmail.com

[PR]
by c-dunk | 2016-08-26 21:54 | ランニング | Comments(0)

読んだ「タスキメシ」

読んだ「タスキメシ
額賀澪(著) 小学館

箱根直後だったらまた読後感が違ったかもね。
もちょっと主人公の走りを楽しみたかったかな~

言葉にできない…。

オヤジには悔しいくらいの青春物語だった。

額賀澪(著) 小学館
a0064004_19504591.png


痛みが起こるのには、心と身体の両方が関わっています。
慢性痛に関する学説や治療法は数多くありますが、
どの説も、慢性痛の症状があるなら、身体だけではなく、
心にもその原因があるという大原則は一致しています。

湘南深沢ニコニコ整骨院 鎌倉市常盤60-3
0467-43-2556
または
月曜 5kmウォーク
火曜 10kmジョグ
水曜 5kmビルドアップ
文字にするとかっこいいね(笑)

[PR]
by c-dunk | 2016-08-24 21:43 | ランニング | Comments(0)
大先輩の次のターゲットは横須賀シーサイド10km。
去年は不本意な制限時間オーバーの完走だったが、今年はそれをクリアするのが目標だ!

ただ、7月末に月山に登って(これも驚きだが)臀部を傷めて今は練習できない。

気合い入れて治療すんぞ。
絶対、制限時間内にゴールだ!

[PR]
by c-dunk | 2016-08-19 20:51 | ランニング | Comments(0)

走る迷走柔整師  ココロと身体はセット 設楽義勝


by c-dunk