カテゴリ:痛み( 503 )


次はこれ、勉強もしてるんだってば(笑)
a0064004_20003259.jpg

[PR]
by c-dunk | 2017-05-02 20:02 | 痛み | Comments(0)

腰痛にヨガが有効かも。

腰痛にヨガが有効かも。

ただし、ヨガの何が効いてるのか割らないのが残念なところではあるかな。「様々なポーズや呼吸のコントロール、リラクゼーションと瞑想を組み合わせた統合的な活動である。」呼吸は関係ありそうなんだけどなかなか、それが絶対効果的というような報告も出てこないよな。

人生のいずれかの時、約8割のアメリカ人は大抵、腰痛を散発的に、あるいは単発で経験するものであると言われる。約3分の1の成人が、腰痛が発現することによって、日常的な作業や運動、睡眠などに支障が出ると答えているようだ。腰痛を治療することはいまだに課題の多い領域であり、数百万人の腰痛は慢性化しているというのが現状である。メリーランド大学医学部の研究で、ヨガを行う事がこのような腰痛の緩和に有益である可能性がある、とコクラン・ライブラリーに報告されている。

痛みが起こるのには、心と身体の両方が関わっています。
慢性痛に関する学説や治療法は数多くありますが、
どの説も、慢性痛の症状があるなら、身体だけではなく、
心にもその原因があるという大原則は一致しています。

湘南深沢ニコニコ整骨院 鎌倉市常盤60-3
0467-43-2556
または
今朝の通勤ランは調子よく5:37/kmペースでラストは全力が
やっと登場したぞ。

[PR]
by c-dunk | 2017-02-22 20:19 | 痛み | Comments(0)
腰痛治療に「読書療法」これは絶対ありでしょ!

これに気づいてほしいです。
「慢性腰痛の多くは<染みついた思考>が悪循環を招く」
これに気づくのに読書療法は有効打はないでしょうか。

このブログでもたくさんの本を紹介しているので是非どれか手に取ってほしいです。自己啓発本も有効だったりしますよ。

慢性腰痛の多くは、さまざまな破局的思考や間違った考えが染み付いて、腰痛の悪循環から抜け出せない。この大きな問題には、考え方を変化させる読書療法は有効だ。
自分で気づいていない心理的な腰痛は多い。そこに読書療法は、一つの選択肢となる。ぜひ、試してみてほしい。



[PR]
by c-dunk | 2017-02-22 20:08 | 痛み | Comments(0)
変形性膝関節症でも心理的な影響する。

変形性関節症に伴う疼痛は、持続する炎症性の痛みだけでなく、痛みのブレーキ機能である下行性疼痛抑制系の機能減弱も原因の1つと考えられている 3)。しかし、今回の調査で、85.5%の医師が変形性関節症に伴う痛みの発生機序は主に「炎症を含む侵害受容性疼痛である」と捉えていた。

慢性腰痛や慢性痛の本で何度か紹介したはずだけど「下行性疼痛抑制系」、一般的な痛みはすべてこれが関わっているはずです。

痛みが起こるのには、心と身体の両方が関わっています。
慢性痛に関する学説や治療法は数多くありますが、
どの説も、慢性痛の症状があるなら、身体だけではなく、
心にもその原因があるという大原則は一致しています。

湘南深沢ニコニコ整骨院 鎌倉市常盤60-3
0467-43-2556
または

一昨日から通勤・帰宅ラン&ウォーク復活で筋肉痛(笑)

[PR]
by c-dunk | 2017-02-11 14:39 | 痛み | Comments(0)
認知モデル「腰痛は”脳の錯覚”だった」

名医が教える最新の腰痛改革
菊池臣一(監修)丹羽真一・大谷晃司・笠原論(著)
朝日新聞出版

92頁から
a0064004_21311965.jpg

認知と行動は変えられる。

つづく

[PR]
by c-dunk | 2017-02-03 21:33 | 痛み | Comments(0)
名医が教える最新の腰痛改革
菊池臣一(監修)丹羽真一・大谷晃司・笠原論(著)
朝日新聞出版

腰痛の原因は”痛みへの恐怖”である!

基本は認知行動療法でそこはマインドフルネスが有効みたいだ。

だがその先が謎だし、その手前でもいけるのかもしれない。

何を言っているのかよくわからんのだけれども、そうなんだよ。
a0064004_22265975.png

痛みが起こるのには、心と身体の両方が関わっています。
慢性痛に関する学説や治療法は数多くありますが、
どの説も、慢性痛の症状があるなら、身体だけではなく、
心にもその原因があるという大原則は一致しています。

湘南深沢ニコニコ整骨院 鎌倉市常盤60-3
0467-43-2556
または
小さな目標を立てて、達成の快感を小刻みに実感できるようにするのが、
行動を変えていくコツ。
しつこい痛みは「日記」で治る 笠原論


[PR]
by c-dunk | 2017-01-31 22:28 | 痛み | Comments(0)
部に関係あり?関上肢の痛み全連痛ではないですよ「肩の痛み、心疾患リスクに関連か」

「高負荷の力は回旋腱板の不調を加速させる可能性があるが、主要な原因ではない」と主任研究者のクルト・ヘグマン博士は述べている。「このような不調には、職業的因子よりも、心血管疾患のリスク因子が重要になる可能性がある。」
さらに、血圧や他の心疾患のリスク因子をコントロールすれば、肩の不快な症状を緩和できるかもしれない、とヘグマン博士は述べている。

これはビックリ、血圧、糖尿病、コレステロールなどチェック。
比較的負荷がかかる仕事や、時間がかかる身体活動では、肩の問題は増えなかった。これも抑えるべきポイントですね。


痛みが起こるのには、心と身体の両方が関わっています。
慢性痛に関する学説や治療法は数多くありますが、
どの説も、慢性痛の症状があるなら、身体だけではなく、
心にもその原因があるという大原則は一致しています。

湘南深沢ニコニコ整骨院 鎌倉市常盤60-3
0467-43-2556
または
y.shidara87@gmail.com

[PR]
by c-dunk | 2017-01-21 19:14 | 痛み | Comments(0)
安静にすると本当に再発しやすくなる!

これは、納得してもらうしかないよね、自分で調べられると別な答えもあるからね。安静のし過ぎは慢性腰痛への道なんだろう。やっぱり安静ありきはマズイぞ。

ぎっくり腰でも安静は逆効果
安静が回復を妨げ、再発を呼ぶ
日本でも、私たちの研究データでこれと動揺の結果が出ています。ぎっくり腰で医療機関を受診した勤労者のなかから、「腰痛が治るまで、安静にするように指導された」という68名と、「痛みの範囲内で活動してよいと助言された」と回答した32名を対象に、両者の翌年のぎっくり腰の再発状況を比較したところ、「安静」の68名の方が、「活動」の3倍以上、再発リスクが高かったのです。しかも、再発回数も多く、慢性腰痛に陥りやすいという結果も併せて示されました。58-59頁

発症直後は、確かに動くこともできないほどの痛みがあるかもしれません。しかし、まったく動けないのは数分のことが多く、やがて心身が落ち着いたら少しづつ動けるようになっていきます。そのときの体操を92ぺージで紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。59頁

長引く痛みを自分で解消!
東京大学医学部附属病院 特任教授 松平浩(著)
東京大学医学部付属病院 助教 笠原諭(著)

a0064004_21040754.png
痛みが起こるのには、心と身体の両方が関わっています。
慢性痛に関する学説や治療法は数多くありますが、
どの説も、慢性痛の症状があるなら、身体だけではなく、
心にもその原因があるという大原則は一致しています。

湘南深沢ニコニコ整骨院 鎌倉市常盤60-3
0467-43-2556
または
y.shidara87@gmail.com

[PR]
by c-dunk | 2016-11-29 22:28 | 痛み | Comments(0)
では、コルセットはどうなのか?

これは、賛否があるのでしょうがコルセットを着ければ何でもで出来るならありかもしれません。特にぎっくり腰のときは着ければ動けるならそちらのほうが絶対いいです。

ただし、本書を読んでも予防や早く治るか?というとそういう研究報告はまだないようです。そしてコルセットも一つ間違うと「恐怖回避思考」のワナに嵌りやすのでそこだけ注意ですね。


腰痛ベルトやコルセットにさようなら!
もちろん、ぎっくり腰になった直後など一時的に利用することは悪いことではありません。コルセット痛みが少しでも軽減されれば、その分活動的になれるからです。ただし利用するのは2日程度まで、それ以上利用すると、「コルセットがないから痛い」「つけていないと出かけられない」というふうに、コルセットに依存するようになってしまいます。これは、恐怖回避思考が始まった状態であり、筋肉の衰えや腰の硬直化に伴う血流不足や痛み物質の発生につながりますから、かえって腰痛が改善しなくなるのです。54頁


長引く痛みを自分で解消!
東京大学医学部附属病院 特任教授 松平浩(著)
東京大学医学部付属病院 助教 笠原諭(著)
a0064004_21040754.png
痛みが起こるのには、心と身体の両方が関わっています。
慢性痛に関する学説や治療法は数多くありますが、
どの説も、慢性痛の症状があるなら、身体だけではなく、
心にもその原因があるという大原則は一致しています。

湘南深沢ニコニコ整骨院 鎌倉市常盤60-3
0467-43-2556
または

生き方ただ変えても意味がないので、
人格向上をめざして生き方を変えるのです。
それで目的を設定する時点で、
自分の生き方の問題が明確になります。
その問題を直せば、十分です。目的に達します。
アルボムッレ・スマナサーラ長老



[PR]
by c-dunk | 2016-11-28 20:56 | 痛み | Comments(0)
順番に来て4番目にストレス「痛みをやわらげる知識」

ここでも日常のストレスはさらっと流している感じで、腰痛に対する不安や恐怖の克服のほうが大事そうに読める。あっストレスと痛みは直結という話はもういいですよね。

けどそれは後半に認知行動療法の笠原先生が担当なのかもしれない。

ストレスが高めると痛みが増す
つまり、悪いほうへ悪いほうへ物事を考えたり、ストレスにされされたり、ストレスを受けやすい環境にいると、痛みを抑制する力が弱まり幸福なときよりも強い痛みを感じるわけです。まさにふんだりけったりです。49頁

また不安や恐怖に伴う快・不快の感情に影響される脳の扁桃体に関しても同様です。とくに「イヤなことを避けよう」とする恐怖回避思考が強まると、無駄に興奮してしまって下降性疼痛抑制系が正常に働きにくくなっていまいます。49-50頁

突然の痛みに襲われたら、何か大病が隠れているかもしれないと、最悪のシナリオを考えたりもするでしょう。腰が痛いときこそ、そういう考えが加速してしまうのは、誰でも当然のことです。でもそういう状態こそが、腰痛の痛みを長引かせる最大の要因になりうることを知っておいてください。50頁

長引く痛みを自分で解消!
東京大学医学部附属病院 特任教授 松平浩(著)
東京大学医学部付属病院 助教 笠原諭(著)
a0064004_21040754.png

痛みが起こるのには、心と身体の両方が関わっています。
慢性痛に関する学説や治療法は数多くありますが、
どの説も、慢性痛の症状があるなら、身体だけではなく、
心にもその原因があるという大原則は一致しています。

湘南深沢ニコニコ整骨院 鎌倉市常盤60-3
0467-43-2556
または
熱心な瞑想者は先延ばしをしない。
あなたがどこにいようと、なにをしようと、
その時・そこが、瞑想をする時と場所です。
イ・ジョーティカ師

[PR]
by c-dunk | 2016-11-26 17:19 | 痛み | Comments(0)

走る迷走柔整師  ココロと身体はセット 設楽義勝


by c-dunk